3ヶ月で受かるという噂について

行政書士の勉強を決意した主婦に気を付けてほしいことがありますので、ここで書いておきたいです。主婦はどうしても世間知らずになりやすいですし、独学をやろうとするときもそれは要注意事項です。あえて口を酸っぱくしてでもいいたいと思うそれは……「行政書士に、3ヶ月の独学で、楽勝で合格できた」なんていう体験談を鵜呑みにしないでほしい、ということです。

こういう体験談はインターネットにはよく流れています。インターネットがないと、あっという間にひどい情報不足になりかねませんからどんどん使ってはほしいのですが、どんな情報でも信じていいわけではありません。ときには、1ヶ月や2ヶ月で受かったなんて逸話まであります。

ここで補足しておくと、「3ヶ月以内の勉強では絶対に行政書士には合格できない」と断言しているわけではありません。ごくまれにそういう人もいるようで、若干ながら可能性はあるようです。しかし独学となるとその僅かな可能性がさらに低くなるでしょうし、どのみちほとんど望み薄な話です。

いちばん言いたいことは何かといえば、そのような体験談を聞いても参考になることはほぼないだろうということです。その体験談を忠実に真似しても、合格できるとはちょっと思えません。90%以上の確率で失敗するだけでしょう。

そして、そういった「3ヶ月の独学で受かった」エピソードが完全に無料で提供されているともいえないようです。無料だったら、失敗したときに無駄になるのは時間と労力だけ終わりますが、わざわざ金銭を投じてまでやってみる価値が果たしてあるでしょうか? 

独学で、2ヶ月や3ヶ月の勉強だけで、行政書士に合格したというタイプの情報を見ても、素直に受け入れてしまう人は(長年家庭に集中してきた主婦であっても)実際にはあまりいないでしょう。それでも、毎年こうした情報に気を取られてしまう人が出ていることも事実のようですので、あえてここで注意を出しておきたいと思います。

tags: 行政書士,独学,過去問







『行政書士』にパスする勉強法とは?