行政書士を独学する主婦の費用を賄うために

主婦にとって、行政書士の勉強は時間との戦いだけではなくて、費用との戦いではないでしょうか? 
主婦は家計を握っている立場ですから、費用を工面することはあまり難しくないかもしれません。それにしたって、夫の給料や貯蓄の中から捻出するとなると、やはり気が引けてしまいます。自分でパートでもして稼いだ貯金だったら、まだ心が痛みませんが。

そうなると、少しでも安い方法で勉強を済ませたいと思うようになります。ありがたいのは、今は学校なんかと違って、10万円以下で申し込める通信講座が登場していることですね。

ここでは安い行政書士の通信講座等を利用する場合に、さらにいろいろと費用面で普通の主婦が使えそうな手を取り上げたいと思います。

キャンペーン
キャンペーンは通信講座だけでなく行政書士の学校もよくやっていますが、とにかく1~2万円くらいは値引きしてくれます。もちろん期間が限られていますから、その間に申し込みそびれないように注意が必要です。

教育訓練給付制度
ハローワークが主体となっている制度です。これは、雇用保険を直近で払っていたという実績が必要になりますから主婦の場合は使える人は限られます。それにどの行政書士講座でもやっているわけではありません。しかし受けられるなら、後から費用の一部(といっても大部分になることもよくあります)を返してもらえます。

クレジットカードによる分割
クレカによる分割払いに応じてくれる講座も、今はわりとありふれているようです。
毎月数千円くらいの小額に分割してくれますから、いきなり全額を払いたくない場合にはすごくありがたく思えるはずです。定番のブランドといえば、VISA・Master・JCB・AMEX……といったところですが、メジャーな講座ならそれらはたいてい使えるはずです。

tags: 行政書士,費用,主婦







『行政書士』にパスする勉強法とは?