行政書士の通信講座を使うと、合格率はどう変わる? 

行政書士の勉強を通学講座や通信講座を受けながら進めていくと決めたら、たいていの場合「どこの講座を受けるか?」その点で数日間は頭を使うことになるでしょう。

受講料・口コミや評判・講義の形式……と、講座を選ぶときに使われる比較ポイントはたくさんあります。もちろん、それらをなるべく見落とさないようにしながら、じっくりと比較および決定をするのがおすすめです。

ところで、行政書士の通学講座または通信講座を選ぶ際にめったに出てこない比較ポイントがあります。それは、その講座を受けた人の合格率です。

その講座を受けると、どれくらいの確率で合格できそうなのか……その点を知りたいと思うのは、ごく当たり前の感情でしょう。

それなのに、各講座の合格率を調べて選んだという意見はめったに聞こえてきません。その理由は至極簡単で、「どこの講座の合格率もわからないから」「合格率を発表している講座は、一生懸命探しても、すごく少ないから」なのです。

これは、行政書士の講座特有の事情ではないようです。通学講座や通信講座の世界では、行政書士に限らずどんな資格の講座でも、合格率を発表しないことが多いようです。

その理由に対しては、以下のような事実が隠れていると思われます。

受講生の合格率を、なかなか正確に調べられない
どこの講座でも、受講生は試験の日を迎えると、その後は講座会社との接触を一気に減らしてしまうようです。その試験の合格発表が終わったあとは、なおさらです。そうなると、講座会社が調査をしようとしても、受講生たちが答えをあまり返してくれません。もちろん、受かったのか落ちたのかを会社に回答する受講生もけっこういるのですが、それだけではデータとしては弱いのかもしれません。

受講生の合格率を何とか調べ上げたものの……たいしたことがない
これもありそうな話です。行政書士は人気資格ですから、通学講座や通信講座も少数ではありません。全国で集計すると何十とありそうです。
数が多いとどうしても、大きな差がついてしまいます。受講生の合格率がたいしてよくない会社も、あちこちにあるわけです……その場合なら、あまり発表したくないでしょう。

以上のような事情がありうるわけですが、若干なら毎年の受講生の合格率を発表している講座は実在します。それを探しあてることができたら、かなり貴重な出会いをしたことになるでしょう。

tags: 行政書士,通信,合格率







『行政書士』にパスする勉強法とは?