行政書士試験を目指す主婦は、家のことをしながらその合間にテキストを読んで(まさに独学の典型ですね)黙々と勉強に打ち込む時間が少なくないことでしょう。
行政書士は平凡な主婦にはやはり楽な試験ではないですから、独学するときはテキストを間違えないように買わないといけません。

行政書士の受験のために、独学をするときのテキストは、とにかく読みやすくてわかりやすいものを買うことです。

平凡な生活を送ってきた主婦の独学に向いていそうな行政書士のテキストとは?

余白が多いタイプのほうがいいのではないでしょうか。
自分でいろいろな書き込みをしたり、強調したくなった部分にマーキングしたりできるほうがおそらくやりやすいでしょう(親切なテキストは、大事な分を初めから文字色を変えたり太字にしたりしてくれますが)。

平凡な生活を送ってきた主婦の独学に向いていなさそうな行政書士のテキストとは?

上に今書いたばかりのことの裏返しになりますが、やたらに各ページが文字ばかりで、単調でちょっと息苦しい印象のテキストは避けたほうがいいだろうと思います。

特に自信がない主婦が、行政書士の独学に手を出すときのテキストは?

いきなり本格的なテキストを読み出しても、ついていける自信がない場合は、「入門編」として、とても楽になっている種類や、マンガ形式になっている本から読むのもいい手です(ただし、すぐに読み終わって次に進まないといけませんが)。
行政書士のことを身近な範囲で説明している種類は、検索してもすぐに見つかります。

ちなみにほとんどの市販のテキストは、一色刷りか二色刷りです。
イラストやキャラクターを挿入するテキストは、その部分だけカラフルなこともあります。

本格的なテキストに移行してからも、なるべく「文字ばかり」ではなくて「目立つ色」「キャラクター」「イラスト」が多くて目に優しいテキストがほしい場合は通信講座で探したほうが(もっとも、そこまで読みやすい品はごく一部でしか出していないようですが)近道になると思います。