行政書士の合格を主婦が目指すとき、特に急いでいなくて時間を何年でもかけられる場合なら100パーセント独学だけでがんばってもいいでしょう。

しかしやはり、「早く受かるチャンスが増える方法があるのだったら、そちらのほうがいい」と思うのが普通でしょう。その早く受かる夢をかなえられるのが行政書士の通信講座です。

行政書士の通信講座は、独学にかなり近い方法で勉強できて、合格のチャンスも増やせる可能性がありますが、今通信講座の量も意外なほど多くなりました。
どうやって選んだらいいでしょうか?

お金がかかりすぎるのを選ばないほうがいい?

主婦が予備校への通学を避けるのは、時間のこともありますが、お金のことも大きいでしょう。
まともな予備校は、15万円から25万円もすることが普通です。

家計を預かる立場として痛いだけではなく、原則として夫の給料に頼って生活しているのにそんな出費はしづらいでしょう(自分だけの貯金を使うなら別ですが)。

ところで行政書士の予備校が通信講座もやっている場合、授業料はそんなに安くなりません。
通信講座だけの会社のほうが比較的安くなりやすく、10万円以下、5万円前後くらいになるチャンスもあります(下にある行政書士通信講座は、まさにその幅の金額で申し込めますね)。

一介の主婦向けにわかりやすくなっている?

テキストや問題集、六法を行政書士の通信講座は全部用意して送ってくれます。
毎年綿密な改訂を加えて、揃ったフォーマットで送ってくれますが、どれくらいわかりやすいかは微妙に違います。

特にテキストについては、見やすさや読みやすさを最優先したいものです。
他のページでも書きましたが、主婦にとって手に取りやすいのは文字量が各ページでそこそこで、空白等が多くて書き込みもできるタイプでしょう。

そして図や表を多量に挟んだりイラストやキャラクターを挟んだりして開いたときにどこが大事なのか一目瞭然で、何時間でも疲れず読み続けられるものがおすすめですね。
現在、この点で先駆的なのはフォーサイトで、各ページがフルカラー印刷されています